バストを支えるための土台である大胸筋を鍛えることで、豊かで張りのある胸になる効果があります。でも、スポーツ選手のように鍛える必要はありませんので、ほどほどに。

・合掌ポーズ

少し厚めの本を用意して下さい(マンガや電話帳などでOKです)。
本がない場合は、自分の手だけでもいいです。

背筋を伸ばし、両手で本を胸の前ではさむように持ち、肘の角度は約90度を保ったまま、息を吐きながら10~20秒、均等な力で両手を強く押し合います。

本を使わない場合は、両手を胸の前で合わせ、同じく肘の角度は約90度を保ったまま、息を吐きながら10~20秒、均等な力で両手を強く押し合います。

これを、5回繰り返します。
5回を1セットで、1日3回。

・腕立て伏せ

膝を床につけて腕立伏せをゆっくり15回行います。
15回を1セットで、1日1回。

極度のやり過ぎは禁物です。反対にに胸が硬くなってしまいます。
筋肉は、急激につければ急激に落ち、ゆっくりつければゆっくり落ちるものなので、一気にやれば良いと言うものではありません。
一定の量を毎日続けることが大切です。