下の子の授乳が終わり、母乳もほぼ完全に止まった頃、すっかり張りを失い、ペチャンコになってしまった自分のバストに愕然としました。

授乳したら、多少なりとも形が崩れ、小さくなってしまうとは聞いていましたが、それは大きなバストの人だけだと思っていました。

形はさほど崩れなかったものの、張りがあるのとないのとでは、見た目がこんなに変わるものなんだと、痛感しました。

だからと言って、授乳したことを後悔したことはありません。子供を産んだ以上、女である前に母であるべきだと思うからです。だからと言って、女を捨てる必要もないですが、赤ちゃんにとって、母乳に勝る栄養はありません。母子の健康のためにも、母乳が出るのなら、積極的に授乳することをおすすめします。

しかし、主婦の立場となると、そうそう高い商品を買うこともできません。
まず、手ごろな値段のパワーバストキャンディーを試してみたり、バストアップに成功した方が効果があると言っていたマカや粉末のプエラリアを試してみましたが、つい飲み忘れたりして、なかなか効果が出ません。



そんなある日、成長ホルモンでバストアップできるかも知れないということを知り、挑戦してみることにしました。

しかし、結果はラクトゲン受容体が成熟していないようで、幾分張りは出たものの、バストアップ効果までには至りませんでした。

次に私の頭によぎったのは、結婚前に迷っていたサンメディカルでした。ネットで検索してみたら、ビュストレビューのスターターキットがあるとのこと。

しかし、以前にカウンセリングを受けて、お金がかかることを知っていましたし、子供もいて大変な時期なんだから・・・と、諦めようと思っていました。

後日、夫と何気なくバストの話をしていて、サンメディカルのことを話したのです。そうしたら何と、「やりくり出来るんなら、やってみたら?」と言ってくれたのです!これにはちょっとびっくり!夫も、私がバストのことで悩んでいるのを知っていたからでしょうが、きっとダメと言われると思っていたので、本当に嬉しかった!

早速、「ビュストレヴュー・スターターキット」を申し込んだのです。