・プエラリア・ミリフィカ



バストアップ成分として有名です。ガウクルアとも呼ばれています。
タイ国北部の落葉樹林で育つマメ科クズ属の植物です。
イソフラボン誘導体が含まれており、その含有量は大豆のほぼ40倍にもなります。

・コロハ(フェヌグリーク)

古来から豊胸ハーブとして知られています。
ハーレムの女性も利用したマメ科の植物です。
体内で女性ホルモンであるエストロゲンが作られる時に、ジオスゲニンという植物ケミカルが働きます。
現代の科学でも乳房細胞の成長を即す効果が明らかにされ、老化を遅くし、病気を防ぐ抗酸化成分も含まれています。

・フェンネル

ウイキョウとも呼ばれています。
地中海沿岸地方原産で、セリ科の多年草です。
独特の甘い香りが特徴で、古代ギリシアでは、体を細くするハーブと呼ばれ、ダイエットに使われたと言われています。
女性ホルモンであるエストロゲン類似作用物質を含んでおり、特に女性のストレスから来るイライラに効果があると言われています。
女性らしい心身のバランスや、滑らかな素肌のためにも良いと言われています。

・ボロン(ホウ素)

・ブラックコホシュ

・レッドクローバー