ラクトゲン受容体ってご存知ですか?

成長期にバストが大きくなるために必要なもので、13~17歳頃に成熟することが多く、そこに成長ホルモンが加わることで、バストが成長します。

バストの成長には、ラクトゲン受容体の成熟と、充分な成長ホルモンの分泌が必要なんですね。

成長ホルモンとバストアップの関係

体内で成長ホルモンが分泌されるのは、夜10時頃から夜中の2時頃、睡眠中に一番多く分泌されます。思春期に、この時間帯にしっかり睡眠を取ることが大切です。

しかし、残念ながらラクトゲン受容体が未熟なままの人もいます。
10代でこのラクトゲン受容体が成熟していないと、いわゆる貧乳になるようです。
しかし、10代を過ぎてからラクトゲン受容体が成熟する人もおり、この場合、成長ホルモンを投与することで、バストアップが期待できます。

成長ホルモンによるバストアップの効果は、ラクトゲン受容体の成熟度によります。10代では未熟だったラクトゲン受容体が、後に成熟していたのであれば、成長ホルモンを投与すると、バストアップ効果が現れます。

しかし、ラクトゲン受容体が未熟なままだと効果は現れません。残念ながら、事前にラクトゲン受容体の成熟度を確かめる方法はないようで、成長ホルモンを投与してみないとわかりません。

試してみる価値はあると思いますが、効果については、試してからのお楽しみ?です。

ドクターが開発したヒト成長ホルモンサプリメント

実は、私も試してみました。
2ヶ月間、成長ホルモンを投与してみましたが、結果はバストの張りは増したものの、ボリュームアップまでには至りませんでした。残念!

成長ホルモン体験記に、成長ホルモンを投与した経過を掲載しています。