ラクトゲン受容体の成熟度



成長ホルモンによるバストへの効果は、成長ホルモンが乳腺にできるラクトゲン受容体に対して働くため、ラクトゲン受容体の成熟度と関係します。

元々のサイズがAカップ以下の場合、投与後約2ヶ月以内に反応がない場合は、ラクトゲン受容体が未熟なので、バストに対する反応は起こりにくいようです。

Bカップ以上の場合は、ラクトゲン受容体の成熟度によって反応の仕方が違いますが、ハリがよみがえる方が多いようです。この場合なら、継続投与によって、効果が高くなります。

成長ホルモンとバストアップの関係



バストへの反応とは?

生理に関係ない時期にバストの上部分にハリを感じたり、全体的に膨らみを感じた場合は、成長ホルモン投与による反応になります。

バストのハリについて2週間で反応が出る方は少ないですが、他の作用を感じていれば、成長ホルモンが作用していることを確認できます。

他の作用

成長ホルモンへの反応によって、皮膚弾力性増加や筋力強化、スタミナ・持久力の回復、気力回復、熟睡、視力強化、内臓脂肪減少、脱毛減少などが感じられることがあります。