・遺伝や体質など

遺伝も残念ながら、全くないと言えば嘘になります。
ストレスを感じやすい性格であったり、運動が苦手だったり、これは、遺伝が影響していると考えられます。

体格や体質も考えられます。
猫背だったり、太りにくい(脂肪がつきにくい)体質だったり・・・。
特に上半身が太りにくい(上半身の割に下半身が太い)人は、バストが小さい傾向にあるようです。

遺伝以外にも、食生活や生活習慣などの影響も考えられます。
偏った食事や夜型の生活など、バストの発育に良くない習慣を引き継いでいる可能性があります。

でも、同じ親から生まれ、同じ環境で育った姉妹でも、姉は小さいのに妹は大きい、お母さんは小さいのに、娘は大きかったり、その逆もありますよね。

そう考えると、遺伝そのものよりも、バストの成長期のストレスや生活習慣の影響が大きいと考えた方が自然です。

成長期を過ぎた方でも、ストレス、夜更かし、偏った食生活、運動不足はバストアップの大敵です。体操やマッサージで適度な運動と刺激を与え、サプリメントで体内環境をを整えましょう。