バッグの形には大きく分けるとラウンド型(お椀型)とアナトミカル型(涙型)の二種類に分かれます。
身体に合った自然なバストにする為にはどちらのバッグが向いているのか、医師とよく相談しましょう。

ラウンド型

内容物の流動性が高いバッグ(人工乳腺)であれば、仰向けでは自然に流れ、立った状態ではしずく状の形になるため、より生体の動きにマッチし自由度が高いという理由からラウンド型は人気があります。

アナトミカル型

本来、乳房は立った状態では重力では下に垂れるので、初めからこの形をしているのが、アナトミカル型です。
流動性が比較的低いので、立った体制での乳房の形を優先したい場合におすすめです。

そして、豊胸手術後の形を決定するもう一つの大切な要素は、バッグを入れる層の選択です。

大胸筋と言う筋肉の上に入れる乳腺下法と、筋肉の下に入れる大胸筋下法があります。
これも、どちらが適しているか、経験を積んだ医師とよくご相談下さい。